沿 革
平成元年5月 髙橋福次郎が群馬県前橋市小屋原町1760-2にて三髙電機工業を創業。
平成2年5月 創業者の髙橋福次郎が三髙電機株式会社を設立。資本金5,000,000円。
平成3年1月 群馬県伊勢崎市宮子町1512-1へ本社及び工場を移転。
平成5年10月 資本の充実を計る為、資本金5,000,000円増資し、10,000,000円とする。
平成6年3月 群馬県伊勢崎市宮子町1318-2へ本社及び工場を新築し移転。
平成6年4月 群馬県配電盤メーカー指定に登録を許可される。
平成12年4月 当社既存敷地内に事務所、工場を増築。
平成13年11月 土地区画整理事業の終了に伴い、群馬県伊勢崎市宮子町3498-10に番地が変更となる。
平成14年5月 ISO9001:2000認証取得。
平成14年6月 資本の充実を計る為、資本金5,000,000円増資し、15,000,000円とする。
平成14年8月 社団法人 日本電気協会制定「共用キュービクル式非常電源専用受電設備」の屋外用CB型350KVAの認定工場となる。
平成15年4月 平成14年建築材料・設備機材性能評価事業(国土交通省)の評価承認。
平成18年4月 平成17年建築材料・設備機材性能評価事業(国土交通省)の評価承認。
平成19年12月 社団法人 日本電気協会制定「共用キュービクル式非常電源専用受電設備」の屋外用CB型750KVAの認定工場となる。
平成21年4月 平成20年建築材料・設備機材性能評価事業(国土交通省)の評価承認。
平成21年5月 創業者の髙橋福次郎が会長兼相談役に就任。代表取締役社長に髙橋宏道が就任。
平成22年9月 埼玉県さいたま市北区に埼玉支店を開設。
平成24年4月 平成23年建築材料・設備機材性能評価事業(国土交通省)の評価承認。
平成24年10月 社団法人 日本電気協会制定「共用キュービクル式非常電源専用受電設備」の屋外用CB型500KVAの認定工場となる。
平成26年11月 群馬県伊勢崎市宮子町3515-8に第二工場を新築。
平成27年4月 平成26年建築材料・設備機材性能評価事業(国土交通省)の評価承認。
平成27年10月 グループ企業 三髙ファクトリー株式会社設立。
平成29年4月 ISO9001:2015認証取得。
平成30年4月 平成29年建築材料・設備機材性能評価事業(国土交通省)の評価承認。
平成30年6月 社団法人 日本電気協会制定「共用キュービクル式非常電源専用受電設備」の屋内用CB型500KVAの認定工場となる。